大晦日、フランスの名将が偉大な記録を打ち立てる。

「Arsene who?」に始まり、当時の主将には「眼鏡をかけた学校の先生か?」と見下されるも、結果を出して「プロフェッサー」と呼ばれるようになり、敵チームのファンからは「ピードファイル」と心ない野次を浴びても、「インヴィンシブルズ」を達成した。

チームの食生活を一新して「チョコレートバーを返せ」と選手たちから抗議の声が上がったこともあるし、ユナイテッドの元監督から「5つの言語を操る知的な男だそうだね。うちにも5ヶ国語を操る15歳のコートジボワールの選手がいるよ」と馬鹿にされたことも。そういえば、「失敗のスペシャリスト」とスペシャルワンに揶揄されたこともあった。

だが、誰もが口を揃えて言う。「彼はイングランドのフットボールを変えた」と。

1996年からアーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲルが、大晦日のウェストブロム戦でプレミアリーグ通算811試合目を迎える。あのサー・アレックス・ファーガソンの810試合を抜いて、歴代最多記録を更新するのだ。もちろんファーガソンはプレミア発足以前から数えればリーグ戦1035試合という驚異的な数字を残しているが、プレミアリーグの試合に限るとヴェンゲルが歴代トップに立つ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ