パスをつなぐにも、ただつなぐだけでなく、パスの出し手も受け手もかなりのテクニシャンがそろっている。そのため、パスを出す側も、受ける側も、一つひとつのプレーに細かなフェイクの動きが入っている。だから、相手のDFが待ち受けている前線にパスをつけても、簡単に奪われることがないのだろう。 こうして、2列目のエリクセンやソン・フンミン、デレ・アリといったプレーヤーからのパスの供給を受けて、最後のフィニッシュを請け負っているのが得点王のケインというわけだ。

「パス・サッカー」というと、日本の代名詞だった。ただ、パスはつながっているのになかなかアタッキング・サードに入り込めず、またシュートにつながらない。結果として、ポゼッションでは大きく上回りながら、相手のカウンターに沈んでしまう……。そんな試合も多く、代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ監督はそのあたりをとらえて日本人の「ポゼッション信仰」を批判する。 「ボールを持つことで満足してしまい、なかなかゴールにつながらない」という症状は、日本特有のものではない。ポゼッション志向のチームにはありがちな万国共通の症状なのだ。

しかし、トッテナムは「ポゼッション志向のチームでも、速い攻めができる」。「ポゼッションをそのままゴールに直結させることもできる」ということを証明して見せてくれている。 そのためには、.棔璽襪鮖つだけでなく、パスを前に付けること。そして、⇒イ譴織好肇薀ぅーがいることのふたつが条件となるわけだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ