クロード・ピュエル監督就任後、イングランド・プレミアリーグで5勝3分2敗と目覚ましい復調ぶりを見せているレスター。その難敵と23日、アウェーのキングパワー・スタジアムで戦ったマンチェスター・ユナイテッドは、2−2のドローと勝ち点2を取りこぼす悔しい結果を余儀なくされた。

試合はジェイミー・ヴァルディの先制点からスタート。前半のうちにフアン・マタのゴールで追いつき、後半に再びマタの得点で逆転したマンチェスターUだったが、終了間際にハリー・マグワイヤの同点弾を食らう最悪の結末となってしまった。これで首位を走るマンチェスター・シティとの勝ち点差は13。彼らの背中は遠のく一方だ。12−13シーズン以来のリーグタイトルを目指すジョゼ・モウリーニョ監督もこの現状には厳しさを感じているだろう。

そんな指揮官との確執が噂されるのが、今季プレミア2シーズン目のヘンリク・ムヒタリアンだ。ボルシア・ドルトムントから鳴り物入りで移籍したアルメニア代表MFは昨季リーグ24試合出場4得点とまずまずの結果を残した。今季はより一層の飛躍が期待されたが、ここまで13試合出場(うち先発10試合)1得点にとどまっている。 シーズン当初こそマタやマーカス・ラッシュフォードらと2列目を形成し、得点チャンスに絡むプレーが目立ったが、11月5日のチェルシー戦を最後に先発から外れ、ベンチ外も6試合に上っているのだ。UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)を8試合でベンチ外。直近の12月20日のリーグカップ・ブリストル戦では後半24分から、レスター戦も後半38分から7分間ピッチに立ったが、約2か月間で47分間しかプレーしていないのは尋常な状況とは言い難い。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ