デイヴィッド・モイーズ、サム・アラダイス、アラン・パーデュー。

ここ1ヶ月でウェストハム、エヴァートン、そしてウェストブロムが新たに監督として招聘した人物だ。20日にポール・クレメントを解任したばかりの最下位スウォンジーの次期監督は、そのウェストブロムが解任したトニー・ピューリスではないかとも言われている。

“お決まりの面子”ばかりであり、彼らが“メリーゴーランド”のように回っているせいで若手指導者にチャンスが巡ってこないと批判的な報道も多いが、クラブのオーナーに、リーグ全体の今後のためにリスクを背負う義務などない。

シーズン開幕前ならまだしも、ノンストップで繰り広げられるプレミアリーグの激闘の最中だ。トップ10を狙いながらも降格ゾーンに踏み入れてしまったクラブが、“残留請負人”と呼ばれるベテランに頼るのは当然であり、そうなると必然的に“お決まりの面子”が揃うことになる。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ