1年間の社会人生活を経て、今年2月、フィギュアスケートの世界へ戻ってきた、日本を代表するトップスケーター・小塚崇彦がお送りする「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017」。平昌五輪に向けて、ペア・アイスダンスといったカップル競技にも注目が集まる中、この番組では美しいスケーティングと独自のスケート理論を持つ小塚崇彦がカップル競技について徹底研究。みなさんの「?」を解消します。

「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017 ペア 前編」はこちらから
「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017 ペア 後編」はこちらから
「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017 アイスダンス 編」はこちらから

【特別講師】
東野章子(ひがしの あやこ)元アイスダンス選手。(ISUテクニカルスペシャリスト)88〜91年全日本選手権のアイスダンスで4年連続2位。当時のパートナーは松村達郎氏。現在はコーチ、ISUテクニカル・スペシャリストとして活躍。
J SPORTSの解説者としてもお馴染み。


アイスダンスの基本ホールド

東野:ホールドをしていなくてもみえないホールドがあるかのような、いつも近い距離で二人が滑る。そういうところがアイスダンスに求められます。

小塚:このホールドに関して、色々パターンがあるんですよね?

東野:はい。アイスダンスでは、男性がリーダー、女性がパートナー。基本のホールドは男性を中心に考えますので、男性は常に女性の左側にいます。まずは基本のキリアンホールド、フォックストロホールド。ワルツホールドの3種類。

小塚:はい。

【1】キリアンホールド

東野:二人はサイドバイサイド、横並びに並んでいます。男性はリーディングハンドの右手を女性の腰に回します。そして、左手を少し上げていただいて女性の左手を握ります。その際にダイヤモンドの形ができるようにするのがポイントです。滑るときはお互いに同じ足で滑ります。今シーズンのパターンダンスエレメンツはこのキリアンホールドで全員が同じステップをします。

小塚:じゃあ、このホールドになったら今シーズンはパターンダンスが始まるんですね。

【2】フォックストロホールド

東野:これはですね。キリアンホールドで女性の腰に回していただいたリーダーの右手を肩甲骨まで上げます。そして左手は前に出して2人の中心で握ります。そうすると、キリアンホールドと同じサイドバイサイドの立ち位置でもホールドの形が違いますよね。これが基本のフォックストロホールドです。これがこれからお話しする今シーズンのステップシークウェンスの始まりの合図になります。

小塚:はい。

お知らせ

◆ ロシアフィギュアスケート選手権 2018
<J SPORTS>
全種目放送!
<J SPORTSオンデマンド>
全種目・全滑走LIVE配信
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ