小山陽平

日本のスキー界から、GSスキーヤーとして将来有望な選手が久々に登場した。2017年札幌冬期アジア大会で日本人選手として4大会ぶりにGS競技で優勝した小山陽平選手だ。これまで日本は、優れたSL(回転)競技のスキーヤーを生んできたものの、GSで活躍できる選手がなかなか出てこなかった。それだけに、小山選手に対する期待は大きい。

小山陽平

小山陽平(日体大) YOHEI KOYAMA
アルペンスキー

1998年5月31日 静岡県出身
2016 ユースオリンピック GS 銀メダル
2016-17 ワールドカップ アルタ・バディア大会 GS 54位
    札幌冬季アジア大会 GS 優勝
    世界選手権 GS 42位

きっかけはトリノオリンピック

小山選手がアルペンスキーに出会ったのは小学1年生のとき。きっかけは2006年のトリノオリンピックだ。アルペンスキーSL競技で皆川賢太郎選手が4位、湯浅直樹選手が7位に入り、50年ぶりの入賞を果たした。日本のアルペンスキー界が新たな時代の幕開けを迎えた年だった。
「トリノで皆川選手や湯浅選手の活躍を見て、あのときから金メダルを獲る、ワールドカップで勝ちたい!と思うようになりました。平昌オリンピックに関してはチャンスがあるなら狙っていきますが、メダルは北京に照準を合わせています」

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ