マルセル・ヒルシャー

負傷明けとは思えない絶好調ぶりのマルセル・ヒルシャー。総合でもクリストッファーセンを僅差で追っている

 男子ワールドカップ、年内最後の技術系レースとなるのが、12月22日に行なわれるスラローム第3戦だ。舞台はマドンナ・ディ・カンピリオ(イタリア)。通称3Tre(トレトレ)大会、過去、多くの名勝負の舞台となってきたスラロームの名コース、カナロネ・ミラモンティで今年もトップスラローマーたちの競演が繰り広げられる。

カナロ二・ミラモンティ

深い森に囲まれたスラロームの名コース“カナロ二・ミラモンティ”。クリスマス直前の華やかなレースを演出する

 コースの標高差は183mと、ワールドカップのレギュレーションではミニマムに近い、短いスラロームだ。コースセットにもよるが、1本あたりの所要タイムは、例年50秒に満たない。序盤とゴール前に短い緩斜面があるだけで、あとはほぼ急斜面というプロフィール。ガンガン加速するパワーよりも、ターンを正確に仕上げる技術がものをいうコースといえる。しかも近年はナイトレースで行なわれるようになり、夕方気温の低下とともにコースは硬く氷結することが多い。技術的にさらに難度が上がるわけで、一瞬のミスが命取りとなるスリリングなレースが見られる。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー
勝負の17/18シーズン開幕!


J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ