前回のカップル競技編に続いて、中国のフィギュアスケート五輪代表の選考制度、及びシングル競技の枠取りを巡っての現在の明暗について探ってみたい。

ペアスケーティングと違って、中国のシングルスケーティングはもともと明確かつ公開的な選考制度がなかった。しかし、ペアのコーチであった元五輪王者ホンボー・ツァオは今年に中国国家隊の総監督に昇格し、彼は中国ペアの国際大会派遣に関わる従来の制度をシングル競技にもたらした。よって、シングルもシーズン通してのポイント制が設けられた。

男子シングル

中国男子の平昌五輪への出場枠は2つ。選考のポイントが加算される大会はグランプリシリーズ(ファイナルを含まない)、国際B級大会(チャレンジャーズ・シリーズを含む)、全国選手権及び国内テストスケートの4項目のみ。さらに、国際大会で付けられるポイントが国内大会を大きく上回るため、世界の舞台で戦える選手を選定したい意図が強い。

そんなわけで、平昌に出場するのは、ここ数年中国男子の代表人物であるボーヤン・ジンとハン・ヤンになるであろう。

男子シングル4回転時代の申し子ボーヤン・ジンは、両足首のけがにより、グランプリファイナルおよび全国選手権を棄権した。それでも、チャレンジャーズ・フィンランディアトロフィーで優勝、グランプリシリーズ2戦でそれぞれ2位と4位に入賞するなど、今季の国際大会での実績によって代表入りは確実だ。過去2シーズンに渡りワールドメダリストになっただけに、彼に託される期待も大きい。しっかりと回復し、五輪の大舞台で活躍してほしい。

先シーズン、肩などのけがに悩まされ、なかなか納得のいく演技ができなかったハン・ヤンだが、ようやく調子を取り戻し、グランプリシリーズでは2戦とも5位に入り、ニースカップで見事に優勝した。この勢いに乗って、今週の全国選手権でいい演技ができれば、自信を持って再びオリンピックに臨むことができるだろう。

お知らせ

◆ ロシアフィギュアスケート選手権 2018
<J SPORTS>
全種目放送!
<J SPORTSオンデマンド>
全種目・全滑走LIVE配信
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ