スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2017/2018シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!

今回は2010年の全日本王者で「フィギュアスケート・ラボ」MCでもおなじみの小塚崇彦さん、現役時代は4回転ジャンパーとして活躍し現在はコーチの中庭健介さん、ISU(国際スケート連盟)のテクニカルスペシャリストとして数々の国際大会で技術審判を務める岡崎真さんをゲストに迎え、五輪シーズンの今季のルール変更のポイントや見どころ、日本選手のライバルとなる各国注目選手について、元選手、コーチ、審判、そして振付師の視点で語り合います。

今シーズンの主なルール変更点・ジャンプ

——今シーズン、いくつかルールが変更されました

小塚:はい、ジャンプからお願いしたいと思うんですけども。

岡崎:大きな変更はないんですけれども、ちょっと二点ほどGOEに関わるところで変更がございまして。まず一つは、ショートの内容でステップからとかフリースケーティング動作から直ちに行うジャンプってのがあるでしょう。で、そのGOEのプラス要素の中に、このステップからだったらプラスがもらえるよ、みたいなものがあったんだけれども、ショートのそれってマストなわけでしょ。ただ無条件でやったのになんかプラスがついてるとなったらおかしいよねっていう話になって。去年から難しいという形容詞がついたんですよね。ショートのそれに限っては、やってるんだけれどもそれが難しいとみなされるものであれば、プラスを与えなさい。

小塚:ただのステップではだめ。

岡崎:そう。それで一年やってみて、じゃ難しいってどこで判断するのか。だいたい難易度見るのって我々テクニカルパネルの仕事じゃないですか。ジャッジはその質を見たりとかコンポーネンツ見たりとかする立場なので、じゃあどれをもって難しいとするかちょっと曖昧でわからないということで、表現が例えば独創的だとか、曲に合ってるのかとかそういうものの、ステップから行われたものに対してプラスを付けなさいよ、というところがちょっと変わっているのかなっていう今年は。どちらかと言うとジャッジの方なんですよね。

小塚:元々ルールに入っているものをやって、プラスになるっていうのはちょっとね。まあ不思議ではある。

お知らせ

全米選手権大会2018

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
全米フィギュアスケート選手権2018を配信!



■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ