運命を左右する一戦に競り勝った――トヨタ自動車ヴェルブリッツのFL姫野和樹キャプテンは、試合後にピッチ上で感極まっていた。

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

「重要な試合でした。チームのみんながあれだけ頑張ってくれたので、涙が出そうになりました」(トヨタ自動車・FL姫野キャプテン)

12月16日(土)、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で、8勝3敗でレッドカンファレンス2位(総勝ち点38)のトヨタ自動車と、6勝1分4敗で同カンファレンス5位(総勝ち点29)のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスが相まみえた。

両チームが目指すのは所属カンファレンス2位以内でフィニッシュし、日本選手権(兼優勝決定トーナメント)へ進出すること。

トヨタ自動車は勝てば日本選手権出場へ大きく前進し、NTTコムは負ければ道が断たれる状況。両チームにとって命運を分ける一戦となった。

NTTコムは日本代表NO8アマナキ・レレイ・マフィをリーグ中断後に初めて先発させるなど、現在のチーム力を全投下。

FL金正奎キャプテンをはじめ、両ロックはルーキーの牧野内翔馬と、日本代表入りへ意欲を燃やすヴィリー・ブリッツ。

ハーフバック団はSH光井勇人とSO小倉順平の同期コンビ。ボールを持てば確実にゲインを切るCTB石橋拓也、WTB小泉将もスターターに名を連ねた。

お知らせ

全国高校ラグビー大会(花園)12月27日開幕!
J SPORTSオンデマンドで全50試合LIVE配信!

地方予選は16試合配信中!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★高校ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ