トッテナムのOBで現在はテレビ解説などを務めるジェイミー・レドナップ氏は先月、「ウォーカーの移籍は(主力放出という)前例を作ってしまった」と指摘。「一人が去れば、また別の一人が去るだろう。彼らにはまだスモールクラブのメンタリティがあるんだ」とクラブの姿勢を批判した。

チャンピオンズリーグのグループステージで対戦したレアル・マドリードは、ケインやアリに興味を持っていると言われている。マンチェスターの赤い方のチームは今でもダニー・ローズの獲得を諦めていない模様だ。第2のウォーカーが誕生するのを避けたければ、全力で主力をチームに残すべきだろう。

リーグ優勝を目指して開幕を迎えたはずの両チームだが、明暗は大きく分かれている。しかし年内の残り3カードはボトム10との対決であるシティから、勝ち点を奪えるのはトッテナムしかいない。ポチェッティーノは過去2シーズン、マンCに3勝1分けと負けていない。昨シーズンも開幕から公式戦で10連勝と好スタートを切ったシティに初めて土をつけたのがスパーズだった。それでも、もしもトッテナムが勝ち点3を取ったら、“サプライズ”と捉えられるはずだ。

シティはそこまで進化してしまったのだ。

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ