今年7月にトッテナムからおよそ5000万ポンドでマンチェスター・シティにやって来たカイル・ウォーカーは、「トロフィーを獲得する為にここに来た。僕はタイトルを取ったことがないからね」と口にした。

ウォーカーが7年間在籍したトッテナムは、過去2シーズンで終盤まで優勝争いに絡んでおり、昨季は2位。シティよりも上位でシーズンを終えた。

ウーゴ・ロリス、トビー・アルデルヴァイレルト、デリ・アリ、ハリー・ケインと世界中のビッグクラブが欲しがるタレントが揃っており、就任4年目の若き指揮官マウリシオ・ポチェッティーノはその手腕を高く評価されている。ゴージャスな新スタジアムも建築中だ。タイトル獲得まであと少し・・・そんな矢先の決断だった。

ポチェッティーノは自著『Brave New World』でウォーカーが移籍を志願したのは、まだリーグとFAカップで優勝の可能性があった時期だと暴露。平手打ちをくらったような気分だったが、ウォーカーの気持ちは既に固まっていてどうしようもなかったと記している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ