伊藤有希

北海道下川町はこれまで数多くのスキージャンプの名選手を生んできた日本有数のジャンプの聖地。そのジャンプの町に生まれ、育った少女が、今、世界最高を目指して飛躍している。今シーズン、高梨沙羅選手と並んで日本女子ジャンプの期待を背負う伊藤有希選手だ。下川町ジャンプ少年団の「どうせ飛ぶなら世界一」という言葉を胸に、2度目の五輪シーズンに挑む!

伊藤有希(土屋ホーム) YUKI ITO
スキージャンプ

伊藤有希

1994年5月10日 北海道下川町生まれ

2009年 FIS世界選手権 17位
2011年 FIS世界選手権 15位
2013年 FIS世界選手権男女混合団体 優勝
2014年 ソチ五輪 7位、FISワールドカップ 総合3位
2015年 FIS世界選手権 2位、FISワールドカップ 総合5位
2016年 FISワールドカップ 総合8位
2017年 FIS世界選手権 2位、FISワールドカップ 総合2位

ジャンプの町に生まれた誇りと自信

「下川町は、私の原点です。同じ場所でトレーニングをしていた先輩がどんどん世界で活躍しているのを見て、いつか自分も世界に行けるのではという夢を持たせてくれる場所でした。」
女子ジャンプの伊藤有希選手は、日本一のジャンプの町として知られる北海道下川町生まれ。両親ともスキー選手だったため、いつジャンプを始めたのか、小さすぎて記憶がないという。
「両親は、歩き始めたらすぐにスキーを履かせていたみたいなんです。気がついたらジャンプを飛んでました(笑)」
本人の記憶はないものの、4歳で下川ジャンプ少年団に入団。当時は女子1人。男子に交じって練習に取り組みながら、先輩たちの世界で活躍する姿を見つめていた。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ