12月の初めにロシア・ワールドカップの組分け抽選会があり、その後はワールドカップ関連の仕事がいくつか入り、また、現地での移動や宿泊の手配に追われた(必要なものは、早めに手配しないと割高になってしまう)。さらに、日本代表が出場する東アジア選手権(E−1チャンピオンシップ)も始まり、女子の試合、男子の試合と連日2試合ずつ観戦せねばならず、さらには講演などイレギュラーの仕事も入って12月前半はてんてこ舞いの時間を過ごした。

そんなわけで、欧州サッカーの映像チェックもできず、このコラムの更新もできないまま時間が過ぎた。そんな嵐のような2週間が過ぎて、東アジア選手権も一段落したので、溜まっていた各国リーグの映像チェックをしているところである。 11月のヨーロッパは比較的温暖な気候が続いていたような印象だったが、目を離している間に西ヨーロッパ各国は寒気団に襲われているようで(日本でも寒気と大雪で、北国は大変そうだが)、先週末に行われたマンチェスター・ダービーでも、オールドトラフォードのピッチには雪が舞っていた。

プレミアリーグ第16節は、プレミアリーグの優勝争いが大きく動いた節となった。マンチェスター・シティがマンチェスター・ユナイテッドを2対1で撃破し、さらに同じ16節で3位チェルシーが下位に低迷するウェストハムに敗れる波乱もあり、首位のマンチェスター・シティは独走状態を固めてしまったようだ。 マンチェスター・ダービーでは両チーム合わせて3ゴールが決まったが、いずれも相手のミス絡みの得点だった。そんな中で目立ったのは、やはりシティの「安定感」だった。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ