ハマーズファンの大半も拒否したというモイーズ監督就任後の成績は、1分3敗。結果だけを見れば、怒りの声を上げたくなるのも当然だ。だが、変化の兆しは見えつつある。特に前節のマンチェスター・シティ戦は、最終的なスコアこそ最近のトレンドである『シティが終盤に逆転』となってしまったものの、そこに至るまでの戦いぶりは特筆すべきものだった。エヴァートン戦で4失点を喫した反省を活かし、守備という守備を徹底的にやり尽くした。

チームに戻ってきたエジミウソン・フェルナンデスは中盤で黒子の役割を完璧に演じきり、アンジェロ・オグボンナはショートコーナーからクロスに合わせ、欧州5大リーグでの出場144試合目にして初のゴールを決めた。それでもなおシティは勝利の扉をこじ開けてみせたが、今のシティと同等に強いチームなど、おそらく世界中のどこにも存在しない。ならばこのハマーズの健闘は、大いに称賛されてしかるべきものだろう。

チェルシーはミッドウィークのCLでアトレティコと引き分け、全5チームがグループステージ突破を決めたイングランド勢では唯一の2位通過。他のチームが実力を誇示する中でやや締まらない結末を迎えたが、国内での戦いぶりを見るとファンもほっと一息と言ったところだろうか。プレミアでは、当時最下位に沈んでいたクリスタルパレス相手に大失態を犯して以来負けておらず、もし今節の試合で勝利を収めてダービーに臨む2位マンチェスター・ユナイテッドが敗れた場合、勝ち点で並ぶことができる。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ