「こういうことを言うのはダメだって分かっているけど、彼らの中心選手にも、僕らを襲ったようなケガを負ってほしい」。先週金曜日、BBCの番組『Football Focus』でポール・ポグバが行ったこの発言は、国内外で多くの波紋を呼んだ。シティのあまりの強さゆえの言葉とはいえ、いくらなんでもポグバがBBCでこれを言ってしまっては、叩かれるのも当然だ。

ポグバの本意は、この後に続けた「みんな見て見ぬ振りをするけど、僕らはいつも大事な試合の時に中心選手をケガで欠いているんだ」という部分だろう。実際、このマンチェスター・ダービーには出場できないのは彼自身だ。ただし理由はケガではなく、そのまま試合終了を迎えるだけだったアーセナル戦でベジェリンを踏んでしまった愚かな行為のせいで。

これに対し、ウェストハム戦後の会見で、「彼はそんなことを言ったの? 我々は相手のベストチームと力比べをしたいから、ポールにも出場してほしい」と勝者の余裕を見せたのがペップ・グアルディオラである。目下プレミアタイ記録となる13連勝中、CLシャフタール戦では今季公式戦初黒星を喫したが、サブメンバー主体のスタメンだったことは加味すべきだろう。

一方のユナイテッドも公式戦4連勝中。各所から今季のベストゲームとの声が飛んだアーセナル戦でも強さを見せ、CLのCSKAモスクワ戦では眠れるエース、ルカクが遂に目覚めた。今度のモウリーニョは守るのか、攻めるのか。周囲で勝手に広がるそんな喧騒さえ、今のスペシャル・ワンには楽しむ余裕がありそうだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ