1つの敗戦で波風が立つ近年のアーセナルにとって、連敗だけは許されないところだが、厄介な試合を迎えることになる。近年の対戦成績を確認すれば一目瞭然である。昨シーズンの対戦こそ勝利を収めたアーセナルだが、プレミアでのセインツとのアウェーゲームは最近6試合でその1勝だけなのだ(3分け2敗)。

問題はチーム同士の相性だけではない。アーセナルには越えなければならない大きな壁があるのだ。少し話が逸れるが、5年前の11月、スコットランドの名門がチャンピオンズリーグで大金星を挙げた試合を覚えているだろうか。カタルーニャの雄をホームに迎え、75%近いポゼション率を許し、シュートの雨あられを受けながら、見事に2-1の勝利を収めたのだ。

試合翌日、バルセロナの『ムンド・デポルティーボ』紙は「La Gran Muralla(万里の長城)」という見出しをつけた。勘が良い方はお気づきだと思うが、その「偉大な壁」と称えられて一面を飾った選手こそが、当時のセルティックの守護神で現在サウサンプトンのゴールマウスを守るフレイザー・フォースターなのだ!

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ