ジャパンラグビートップリーグ第10節の注目カードをひとつあげるとすれば、大阪のヤンマースタジアム長居で行われるヤマハ発動機ジュビロ対東芝ブレイブルーパスだろう(12月3日、14:00キックオフ)。

五郎丸歩

WC2位につけるヤマハ発動機は再開初戦に東芝と対戦

ホワイトカンファレンス2位のヤマハ発動機は、3位のリコーブラックラムズに勝ち点差「6」と迫られており、ここからは負けられない戦いが続く。一方、東芝はレッドカンファレンス4位ながら、2位の神戸製鋼コベルコスティーラーズに勝ち点差「5」と迫っており、12月24日の最終節までに逆転する可能性が出てきている。約6週間の休止期間中にチーム状態を上向きにできたのは、どちらなのか。両チームのメンバーを見ると、負けられない試合だということが伝わってくる。

ゲラード・ファンデンヒーファー

ヤマハ発動機はゲラード・ファンデンヒーファーが復帰

ヤマハ発動機は怪我で戦線離脱していた前キャプテンのFL三村勇飛丸が今季初出場。FLモセ・トゥイアリイ、今季8トライのNO8堀江恭佑と強力なFW第三列を形成する。BKはSH矢富勇毅、SO大田尾竜彦、CTBマレ・サウ、宮澤正利、FB五郎丸歩と経験豊富な選手が並び、5節以降、怪我で欠場していたWTBゲラード・ファンデンヒーファーが戻ってきた。彼の復帰で決定力は増し、五郎丸と2人のロングキッカーが揃うことで地域獲得も容易になる。東芝にとっては怖い選手が復帰してきた、というところだろう。

お知らせ

全国高校ラグビー大会(花園)12月27日開幕!
J SPORTSオンデマンドで全50試合LIVE配信!

地方予選は16試合配信中!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★高校ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ