「当たり前じゃねぇからな。当たり前じゃねぇからなこの状況……」。少し大袈裟な意訳だが、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の心中を察したら、このフレーズが適しているように思う。

無論、イタリア人指揮官が日本のバラエティー番組に精通しているわけもなく、例え精通していても試合後の会見なので感情的に吠えることもなかった。実際は、至って冷静に説明したあとで「これは当たり前かい?」と問いかけ、「そうは思わない」と自ら否定したのだ。

コンテ監督が「当たり前じゃない」と主張するのはスケジュールの問題だ。前節のウェストブロム戦の試合後会見で、自分たちが強いられた状況を、時に笑みもこぼしながら落ち着いて語ったのだ。チェルシーは水曜日に4000kmも離れたアゼルバイジャンでチャンピオンズリーグの試合をこなし、ロンドンに戻ってきたのは木曜日の早朝だ。一方のリヴァプールは火曜日にセビージャでの一戦を終え、水曜日の朝にはマージーサイドに戻ってホームでの大一番に備えている。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ