ここビィスワの台は、言わずと知れたアダム・マリシュ記念シャンツェだ。
かつての活躍のメモリアルとして作られた新しいジャンプ台。さらに近隣地域の冷え込みあり人工雪で充分に対応はできる。
しかし、なんでこうなのだろう。
アプローチとせり上がりのランディングと背後のスタジアムは美観をなしているが、肝心のランディングバーンがいつもながら不整地な状態にあり、着地後に安心してしまうとバランスを崩すシーンがしばしば。そのあたり鉄壁な札幌大倉山の整備を見慣れているものとしては、ハラハラさせられどおしである。

小林潤志郎

開幕戦でW杯初優勝した
小林潤志郎(雪印メグミルク)

そこで快挙をみせた小林潤志郎(雪印メグミルク)はここ数年、サマー大会から幾度となく飛びこなしていたシャンツェで、前日の団体戦では重責なラストジャンパーを任されてもいた。そこで見事なW杯初優勝であった。
地元の期待が大きかったストッフ(ポーランド)を打ち負かし、強豪のクラフト(オーストリア)までをも退け、2本目には126.5mを記録そのまま表彰台中央に昇ってしまった。 久しぶりにジャンプ台に日の丸が掲揚され、君が代が流れた。
北欧フィンランドとともに親日の国であるポーランドの皆さんは、英雄ストッフが敗れたのにもかかわらず優勝した小林に賛辞を送り、大声援でその勝利を祝ってくれた。これこそスポーツマンシップあふれる世界基準の輝かしい表彰式となった。

小林陵侑

いよいよ上昇の機運が高まる小林陵侑(土屋ホーム)

岩手県松尾八幡平出身のスキージャンプ一家、小林4兄弟の長兄潤志郎だ。
かつて東海大スキー部時代に、クーサモ団体戦で3位銅メダルを獲得して以来の表彰台。弟の陵侑(土屋ホーム)は、ヤンネ・バータイネン(フィンランドチーム元ヘッドコーチ)によるフィンランドテクニック指導が成功をみせてまずは26位。ここからの10番台ひとけた入りに望みをかける。
また妹の諭果は、この春、早大からCHINTAIへ入社、その社業を優先しながらコツコツとトレーニングを続けている。
末弟の龍尚(盛岡中央高)は全日本ジュニアチーム入り、冬にはインターハイの覇者をめざしている。

お知らせ

アルペンスキー FIS ワールドカップ 17/18
男子注目大会を20戦以上生中継中心に放送!


アルペンスキー FIS ワールドカップ 17/18 レヴィ/フィンランド
男子 スラローム
11月12日(日)午後5:45〜 J SPORTS 2 生中継


J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでもアルペンスキーを配信中!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ