今から2年前の2015年ウインターカップ。男子決勝戦まで駒を進めてきたのは明成(宮城)と土浦日大(茨城)で、試合のほうは大黒柱・八村塁が34得点・19リバウンドと活躍した明成が78‐73で勝利。当時、八村のチームメイトだった三上(当時3年生)も、要所で3Pシュートを沈め優勝に貢献した。一方、2年生エースとして土浦日本大の得点を担ったのが杉本。2人は学年が一つ違うが、U18日本代表では同じチーム。そんな2人に、ウインターカップで対戦したときのこと、後輩へのメッセージなどを語ってもらった。

――2015年のウインターカップを振り返ってみてください。
三上: そのときは、夏のインターハイでは優勝したのですが、国体では決勝で茨城(土浦日本大主体)に負けて迎えたウインターカップでした。そんな中、気持ちを切り替えて、『一試合一試合しっかり自分たちのバスケットをしよう』と臨みました。決勝までは、ディフェンスもオフェンスも流れが良く、またパスもすごくいい感じで回っていて、(八村)塁に頼らなくても主導権を取れていました。準々決勝の八王子学園八王子戦では、3Qで詰められる場面がありましたが、それでもしっかり勝てたので、磐石のかたちで決勝に臨めたと思います。
杉本: 決勝の相手は明成だと思っていました。その前の1回戦から準決勝までは、自分たちの持ち味である堅いディフェンスからのファストブレイクが練習どおり機納しました。自分の調子は、初戦の2回戦はそれほど良くなかったのですが、準々決勝からシュートが入りだして、チームの調子も良くなってきて、そのまま流れに乗って決勝に向かっていった感じです。
三上: 明成は3冠を狙っていたのですが、国体で茨城に負けてすごく悔しい思いをしました。なので、決勝の相手が土浦日本大に決まったときは『絶対にリベンジする』と燃えていました。
杉本: 自分たちは明成ということも意識はしていましたが、それよりも『チャレンジャー』という意識で1試合1試合目の前の相手を倒してきただけなので、決勝の明成戦も『自分たちのバスケットをするだけ』という感じでした。

お知らせ

全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)
11月20日(月)〜11月26日(日)まで全32校がトーナメント戦で激突する全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)
J SPORTSオンデマンドではLIVE配信を中心に男子全36試合を配信!

»配信情報はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ