新井真季子

ジュニアの頃から頭角を現し、日本女子アルペンの未来を背負う存在の新井真季子選手。しかし、過去3度のけがを経験。今シーズンは、大けがを克服して、リハビリ開けの復帰となる。しかし、彼女には不安はない。4年に1度の五輪と重なるシーズン、巡ってきたチャンスを目指して勝負に挑む!

新井真季子(日本保育サービス) MAKIKO ARAI
アルペンスキー スラローム(SL)・ジャイアントスラローム(GS)

新井真季子 

1993年06月12日 岐阜県高山市生まれ

2009年 全国中学校スキー大会アルペンスキーGS 優勝/SL 優勝
2010年 FISファーイーストカップ(韓国・竜平)GS 4位
2013年 FISファーイーストカップ(中国・密苑)GS 優勝/SL 優勝
2014年 FISファーイーストカップ(韓国・竜平)GS 優勝/コンバインド 優勝、FISファーイーストカップ(中国・万龍)GS 優勝/SL 優勝
2015年 FISファーイーストカップ(日本・野沢)GS 優勝
2016年 全日本スキー選手権アルペンGS 3位
2017年 FISファーイーストカップ(韓国・竜平)GS 4位

世界で自分を磨く

新井の出身は岐阜県高山市。スキー関係の仕事をしていた父親の影響で自然にスキーに親しむようになった。姉よりも速く滑りたい。そんな思いがアルペンスキーヤーへの第一歩となった。小学2年の時に初めて大会で優勝を飾り、この頃からSL、GSのスキーヤーとしての才能を発揮し始める。小学校5〜6年生で世界大会に出場し、世界を目指す同年代の選手たちと戦うようになる。五輪を意識しだしたのもこの頃だ。中学時代は、2008年JOCジュニアオリンピックカップSL優勝、GS準優勝。2009年全国中学校スキー大会(全中)ではSL、GSの2冠を達成。

お知らせ

アルペンスキー FIS ワールドカップ 17/18
男子注目大会を20戦以上生中継中心に放送!


アルペンスキー FIS ワールドカップ 17/18 レヴィ/フィンランド
男子 スラローム
11月12日(日)午後5:45〜 J SPORTS 2 生中継


J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでもアルペンスキーを配信中!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ