対抗戦もいよいよ佳境を迎える。11月23日(木・祝)、現在対抗戦4勝1敗の慶應義塾大学は、同じく4勝1敗の早稲田大学との伝統の早慶戦に挑む。

それに先立って慶應スポーツは、選手たちの活躍を舞台裏で支える4年生スタッフに取材を敢行。内情を知るスタッフだからこそわかる、今季のタイガー軍団の素顔、そして学生最後の早慶戦に懸ける思いを伺った。

「個性が強い。自分のやりたいことを好きにやっている姿が多くて、みんなで助け合って何かをするとか、協力し合いというのが低学年の頃からあまりなかった」。

相澤学生コーチ(左)と澤田学生コーチ

チームをけん引する最上級生について、意外にもこう評するのは、相澤麟太郎学生FWコーチ(総4・國學院久我山)。

右LO(ロック)佐藤大樹主将(総4・桐蔭学園)や左CTB(センター)堀越貴晴副将(総4・茗渓学園)らタレントを数多く擁しながら、他の学年と比較しても特にまとまりのない学年だったと振り返る。

現体制発足時、今年1年どういったチームを作りたいか、4年生内で話し合いを行ったという。異口同音に一致したのは、「後輩たちが心から応援してくれる、スタンドにいる人全員が本気で勝ちたいと思えるようなチーム」。

過去には、主力選手の意識がばらばらになったり、Aチームとそれ以外のメンバーの間に溝が生まれたりした年もあった。人一倍個性の強い学年だけに、努めて結束を深められるよう意識付ける必要があった。

嬉しい出来事があった。先月行われた明治大学との試合での一幕。先発メンバーに抜擢された、ルーキー右PR(プロップ)大山祥平(経1・慶應)に対して、スタンドからの「大山!」の大声援が送られたことだ。

その声は、ベンチにいた木村亮一主務(経4・慶應)にも大きく聞こえたと話す。取り組んできた『一体感』を持ったチームビルディングが、1つ実を結んだことを実感した瞬間だと木村は述懐する。

迎える早慶戦。慶大は引き分けを1つ挟んで6年間、勝ち星から遠ざかっている。「正直、相性は良くない」。

チーム内に早大に対する苦手意識があるのは確かだ。それでも明治大学を倒し、帝京大学に肉薄できた今年のチームなら、確実にその苦手意識を振り払える。そんな自信を持っている。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグをLIVEを中心に全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ