丹羽が日本男子のランキング最高位を奪取!
王者・水谷の反攻は?

11月7〜12日、ドイツ・マクデブルグで行われるITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン(J SPORTSで放送)
年間12大会行われるITTFワールドツアーのうち、上位大会である「プラチナ」6大会の最後の大会となる。
男子では世界ランキング1位の馬龍(中国)は故障で欠場するが、17年世界選手権2位の樊振東、3位の許シン、国内でカリスマ的人気を誇る張継科という中国勢がエントリー。10月の男子ワールドカップで決勝を争った地元ドイツの両雄、オフチャロフとボルも顔を揃える。日本男子も、まずはベスト8入りが現実的な目標というハイレベルな大会だ。

 

日本男子では、大会に先立って発表された17年11月の世界ランキングで、ひとつの変化があった。丹羽孝希(スヴェンソン)が世界ランキングで自己最高位の5位となり、6位の水谷隼(木下グループ)を抑えて日本男子でランキング最上位に立ったのだ。丹羽がランキング最上位となるのは13年10月以来、実に4年1カ月ぶりだ。
水谷と丹羽は、10月に行われた男子ワールドカップではともにベスト8。丹羽は馬龍に対し、スコアは競り合いながらも1?4で敗れ、水谷は過去2勝0敗と相性の良いゴーズィ(フランス)に3?4で競り負けた。今、ふたりのランキングポイント差は僅差。ドイツオープンではどちらが結果を残し、ランキング最上位の座を勝ち取るのか。

さらに男子JNT(ジュニアナショナルチーム)からは、張本智和(JOCエリートアカデミー)と木造勇人(愛工大名電高)が派遣選手として出場。両選手は11月26日からイタリアで行われる世界ジュニア選手権にもエントリーしており、張本は昨年に続く2連覇の期待がかかる。ドイツオープンで好成績を残し、世界ジュニアへ弾みをつけたい。

お知らせ

\卓球パック発売中!/
ITTF卓球ワールドツアー注目大会を配信中!


●卓球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ