マンチェスター・ユナイテッドに大きな変化はない。11月初旬の復帰が噂されていたポール・ポグバ、マルワン・フェライニ、マルコス・ロホ、マイケル・キャリック、ズラタン・イブラヒモビッチといった主力は、依然として故障者リストに名を連ねている。したがって週末のチェルシー戦も、ジョゼ・モウリーニョ監督は割り切って闘う公算が非常に大きい。

全体の重心を低めに設定し、失点のリスクを避けるいつものパターンだ。ポゼッションを妄信するタイプが忌み嫌う戦略だが、多くの主力が負傷のために戦列を離れ、頼みのロメウ・ルカク、ヘンリク・ムヒタリアンに疲労が蓄積しているいま、一軍の将が結果を最優先するプランに固執しても不思議ではない。

しかもチェルシー戦はアウェーだ。ダビド・デヘアの正確なロングフィード、マーカス・ラシュフォードのセットプレーなどの限られた武器を有効に使い、僅少差の展開に持ち込もうとするだろう。昨シーズンのホームゲームでもエレーラにエデン・アザールのマンマークを命じる奇襲に成功。まんまと3ポイントを持ち帰っている。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ