スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2017/2018シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
今回は2016年全日本ジュニア優勝の友野一希選手が登場!リンクの上での明るく楽しい演技が魅力の友野選手。スケートにかけるひたむきな思いや、シニア参戦への意気込みを宮本賢二さんに打ち明けます。

ジュニア時代の思い出

——ジュニアに参戦した時の思い出とかある?

友野:ジュニアはほんとに、そんな最初から強化選手になるような選手じゃなくて。最終的には優勝することができたんですけど、6年間かけて地道にって感じです。まあさっきも言ってたんですけど、ジャンプが苦手で、特にコンビネーションが全然。

——コンビネーション?

友野:苦手意識がちょっとあるんでトリプルアクセルも跳べず、トリプルトリプルも跳べずっていうのが3、4年ぐらいずっと続いて。それで他のジャンプで固めて戦うってスタイルだったんですけど。ジュニアの最初は自分なりに試合前はしっかりがんばって、ただやるっていうだけのくり返しで、試合自体は楽しんでたんですけど、なんか物足りないなあという感じはありました。

——じゃあジュニア時代は物足りないというのが

友野:前半は。後半はジュニアグランプリに行く前にも苦労して。選考会っていうのがあったんですけど、3回ぐらい選考会行ってダメで。

——そうなんや

友野:落とされて、ジャンプがダメってずっと言われて、スケーティングも全部ダメって言われ続けて。で、5年目の時にトリプルアクセルを習得して、トリプルトリプルもそれなりに跳べるようになったんで、初めてジュニアグランプリに派遣させていただいて。

——すごいやん

友野:その時にやっと、少しは上手になったなあというのは実感したんですけど。その5年目の時の年も、やっぱりジュニアで国際試合出るっていうのは初めてやったんで、海外の選手たちのすごさというか雰囲気にのまれて、全然できなくて。で、国内では2位になれたんですけど、その世界ジュニア代表を決める全日本選手権で全然良い演技できなくて。結果的には補欠っていう形で出させていただいたんですけど。でもその世界ジュニア代表っていう切符を逃して、5年目っていうのはすごい悔しいシーズン。うまくはなったけど、結果はついてこないって感じで。

——でもその世界ジュニアが急に決まった?

友野:そうですね、出発の2日前ですかね。

——その時はどういう心境やったの?

お知らせ

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

11月のライナップ
深瀬理香子&立野在 エピソード1:11月07日 (火) 午後10:00〜
深瀬理香子&立野在 エピソード2:11月14日 (火) 午後10:00〜
深瀬理香子&立野在 エピソード3:11月21日 (火) 午後10:00〜
村元哉中&クリス・リード エピソード1:11月28日 (火) 午後10:00〜

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ