2017年さいたまクリテリウムに出場するすべての選手の、ツール・ド・フランス区間勝利数の合計は57。そのうちの30勝は、なんとマーク・カヴェンディッシュたった1人の脚で叩きだされたもの。これは「史上最強の自転車選手」エディ・メルクスのキャリア通算34勝に次ぐ、歴代2位の堂々たる記録だ! 「マン島の超特急」のさいたま初上陸を祝って、その栄光の30勝の軌跡を追いかけてみよう。それに、もしかしたら……(非公式だけど)31勝目を、我々は目撃することになるかもしれない!


2008年ツール第5ステージ 1勝目 Everything started from here

くるくるヘアーにむちむちの手足。やたらと愛くるしいルックスとは裏腹に、23歳の体内には恐ろしい爆発力が潜んでいた。なによりカヴは、勝つべくして勝ったのだ。春先には「サー」ウィギンスと組んだマディソンで、人生2度目の世界チャンピオンに輝いた。5月には初出場ジロであっさり区間2勝をさらい取った。「自分はスプリンターのヒエラルキーの中でも最強の部類に属するのだ」という強い確信を抱き、後に自転車界を席巻することになるコロンビア列車を引き連れて、2度目のツールに乗り込んできた。世界最速スピードが、フランスの大地で初めてうなりを上げた。


2009年ツール第21ステージ 10勝目 オー・シャンゼリゼ!

速いのはスプリントだけじゃない。記録を作るのもとびきり速かった。初めてツールで区間勝利を手に入れてからたったの38区間で、区間10勝目を祝ってしまった!2009年大会の平地ステージをことごとく勝ち取って、締めくくりには「すべてのスプリンターにとっての夢」であるシャンゼリゼ大通りを圧倒的な大差で制した。しかも嬉しいことに、「凱旋門を見つめながら先頭でラインを越えられるなんて、魔法のような瞬間だった」と大感激したカヴの、魔法はすぐには解けなかった。だってこの年から4年連続で、世界で一番美しい大通りを独り占めすることになるのだから。


2011年ツール第21ステージ 20勝目 キング・オブ・スプリンターの証

ついに!2008年は区間4勝後に途中棄権した。北京五輪トラックに向けて調整するという名目で。帰宅前々日までポイント賞2位につけていたというのに。2009年は区間6勝ながらも、ポイント賞は10pt差の2位に泣いた。2010年は区間5勝でやはり2位。なぜかジャージ獲りには縁遠かった。この年だって最終日の朝はリードはわずかしかなかったから……恒例のシャンパンタイムを楽しむ代わりに、中間ポイントから積極的に取りに行った。おかげで3年連続のシャンゼリゼ勝利と同時に、初めてのマイヨ・ヴェールを手に入れた!「脚が許す限り、勝つためにこの大会に戻って来る」と改めてツールへの愛を強めた。


2016年ツール第1ステージ 初めてのマイヨ・ジョーヌにチュウ

本当なら2014年の英国開幕が、祝典の場となるはずだった。だって、まさしくカヴのために、初日にスプリント区間が用意されていたから。ところがフィニッシュラインの手前250mで……地面に転がり落ちた。故郷に錦を飾るどころか、鎖骨を脱臼した。それでも地元ファンの声援に精一杯応えようと、自転車にまたがってステージを終えた。「落車は僕の責任。謝罪したい。現場に応援に来てくれたみなさんにも申し訳ない」と真摯なコメントを残した2年後、ついに愛しいマイヨ・ジョーヌをその手につかんだ。「信じられないような喜びが湧き上がってくるのを感じた」。ツール初出場からちょうど10年目だった。


2016年ツール第14ステージ 30勝目 穴熊と人食いに挟まれて

「自転車を始めたころ、イノーやメルクスと比較されるような選手になれるなんて、夢に見たことさえなかった」。3日目にベルナール・イノーの記録に並び、6日目に追い越した。そして、この第14ステージで、30勝の大台に乗った。もはやカヴの先には、34勝のエディ・メルクスしか存在しない。「衝撃的な数字だよね。もしもこのまま勝ち続けて、50勝に到達出来たら、とてつもなく素晴らしいことだろうね。でも、もしもこれが、たとえ僕にとって最後のツール区間勝利になったとしても……、やっぱりとてつもなく素晴らしいことには変わりないんだ」


Cycle*2017 J:COM presents 2017 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム
11月04日 (土) 午後02:30〜午後05:30
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

photo

宮本 あさか
みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

お知らせ

アルベルト・コンタドール引退特別番組 〜エル・ピストレロの軌跡〜

コンタドールがツール・ド・フランス総合優勝を果たした2007年大会、2009年大会の中から、リクエストの多かったステージ上位3ステージを11月〜12月にかけて放送!


■応募期間:2017年10月3日(火)〜10月15日(日)迄
詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ