プレミアリーグ第9節、リヴァプールはトッテナム・ホットスパーに1−4の惨敗を喫した。DFラインの裏を取られたり、クリアボールが短かったり、守る際の準備さえ整っていれば、とも考えられる不快な失点が続いた。

サポーターとメディアは、「最大の敗因はデヤン・ロブレンの緩慢なプレーだ」と指摘する。1点目はセルフジャッジが緩すぎ、2点目はヘディングをかぶった。リヴァプール入団後、失点につながる致命的なミスを繰り返し、各方面で批判されてきたロブレンだが、スパーズ戦のパフォーマンスは肯定する材料が見当たらない。そして31分、アレックス・オクスレイド=チェンバレンと交代……。ユルゲン・クロップ監督の決断は素早く、非情だった。

ロブレンにはみずからを冷静に見つめる機会を設けた方がいい。2〜3試合はベンチにも入れず、週末のハダースフィールド戦、来週のミッドウィークに行われるマリボルとのチャンピオンズリーグは、ジョー・ゴメス、ラグナル・クラヴァンを起用すれば、体裁だけは整えられる。自信が揺らぎはじめているに違いないロブレンの起用はリスキーだ。

さて、ロブレンとともにクロップも、足もとを再チェックしなければならない。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ