10月20〜22日にかけて行われたイングランド・プレミアリーグ第9節では、今季開幕から好調だったマンチェスター・ユナイテッドが昇格組のハダーズフィールド・タウンに1−2で敗れるという波乱が起きた。 前節、リバプール相手にスコアレスドローに終わったことで、首位を争ってきたマンチェスター・シティに勝ち点差2をつけられたマンチェスターU。今回も3ポイントを取り逃したことで、首位との差は5に広がった。

 

気づいてみれば、ハリー・ケインが爆発中のトッテナムにも勝ち点20で並ばれ、辛うじて得失点差で2位を死守している状況だ。シーズン序盤からゴールラッシュを見せていたロメロ・ルカク、マルアン・フェライニ、アントニー・マルシャルら得点源がこのところ沈黙しているのが、ジョゼ・モウリーニョ監督にとっての大きな悩みだろう。いかにして攻撃陣のテコ入れを図るか。それが今後の首位追走のカギになってきそうだ。

そんなマンチェスターUを尻目に、マンチェスターCの方は今節もバーンリーを3−0で一蹴し、今季9試合無敗で順調にポイントを積み上げている。そのバーンリー戦で特筆すべきなのが、9月末にオランダ・アムステルダムで交通事故に遭い、肋骨骨折の重傷を負って離脱を強いられていたセルヒオ・アグエロのスタメン復帰だろう。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ