1年間の社会人生活を経て、今年2月、フィギュアスケートの世界へ戻ってきた、日本を代表するトップスケーター・小塚崇彦がお送りする「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017」。平昌五輪に向けて、ペア・アイスダンスといったカップル競技にも注目が集まる中、この番組では美しいスケーティングと独自のスケート理論を持つ小塚崇彦がカップル競技について徹底研究。みなさんの「?」を解消します。

「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017 ペア 前編」はこちらから

【特別講師】
岡部由起子(おかべ・ゆきこ)。元ペア・シングル選手。79年全日本選手権のペアで優勝。当時のパートナーは無良崇人の父無良隆志氏。現在はISUのテクニカルコントローラー、レフェリー、ジャッジとして国内外で活躍。16年から、ISU技術委員を務める。J SPORTSの解説者としてもお馴染み。

ペア競技の魅力・特徴

小塚:今回はペア競技について研究をしていきたいと思います。ペアはシングルと比べてルールなどもあまり知られていないところが多いと思います。

岡部:そうですね。日本においては特に、シングルに素晴らしい選手が多くて、ペア・アイスダンスは露出も少なく、ルールに触れることも少ないと思うので、その辺りを今回一緒に勉強していけたらいいなと思っています。

小塚:岡部さんはペアスケーティングもされていたということで、そもそも2人で滑る難しさはどこにありますか?

岡部:プログラムをやっていく上で、シングルの選手だと例えば「ジャンプに集中したいからここ抜いちゃおう」とかできますが、それが絶対にできないことですね。それをやってしまうとペアとしての一体感が無くなってしまいます。バラバラになってしまうので勝手なことは絶対できないです。

小塚:自分勝手にはできないってことですね(笑)

岡部:ペアとアイスダンスは2人で滑る競技ですが、ペアの選手は男性がとても大きくて、女性が小さいです。身長差があるにも関わらずジャンプを揃えていかなければいけない。滑り方の癖や体格、脚力、身体能力も違う2人がいかにピタッとエレメンツを合わせていくかが難しさとも言えます。

小塚:身長差でいうと20〜30cmくらい違う選手もいますもんね。

岡部:リフトにしてもスロージャンプにしても、女性も男性も自分だけのことをしていない。パートナーがいて、そのパートナーにアシストしてもらったり、アシストしながらエレメンツをこなしていくことの難しさ。それは絶対にシングルではありえない世界です。長い間一緒にペアを組んでいると、パッと手を出したときにパートナーの手がそこにある。距離の感覚とか全てが、そんな世界に入っていきます。

お知らせ

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

10月のライナップ
【友野一希 エピソード2】10月24日(火)午後10:00〜
【友野一希 エピソード3】10月31日(火)午後10:00〜

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ