先発した野村祐輔投手は、まさかの4失点。初回の立ち上がりからピンチでした。1番桑原選手に1ボール2ストライクからのストレートを巧打されライト前ヒット。

梶谷選手、ロペス選手は連続でピッチャーゴロに打ち取りますが、それぞれが進塁打に。筒香選手は四球で2死1・3塁。ここで宮崎選手の打った高いバウンドをサード西川選手が好守でサードゴロに打ち取り、初回のピンチは無失点でなんとか切り抜けます。

2回を三者凡退に打ち取り、ここから修正し、乗ってくるかと思われましたが、3回1死、桑原選手に高めを打たれたライトへの打球を守備位置の逆を突かれた松山選手がグラブに当てながらも後逸。ヒットにしてしまいます。

梶谷選手は四球、ロペス選手には逆球になった高めカットボールを打たれレフト前ヒット。1死満塁で筒香選手を空振り三振に打ち取るも、宮崎選手に投じたインサイドツーシームを、倒れながらにライト前に運ばれてしまいタイムリーヒット。2者が生還してしまいます。

1-2、1点ビハインドの5回表、先頭の梶谷選手を見逃し三振にしたものの、ロペス選手にライト前ヒット。筒香選手はセカンドフライに打ち取り2死1塁。

踏ん張れるかと思われた矢先、宮崎選手に低めの変化球をセンターへ巧く運ばれエンタイトルツーベース。2回表に続いて宮崎選手に巧打されてしまいます。

柴田選手には勝負を避けた四球で2死満塁。ここでラミレス監督は、敢えて高城捕手に代打を送り、切り札のカードを早々と切ってきました。

雨中の激戦だった甲子園でのファーストステージ第2戦、代打で3ランホームランを打っている乙坂智選手を起用してきたのです。

カープバッテリーは勢いがある乙坂選手だけに、初球の入りが大事でした。會澤捕手はインハイにカットボールを要求しましたが、野村投手の投じたボールは甘い逆球となりセンター前へ打ち返され2点タイムリーヒット。ラミレス監督の采配が的中した手痛い失点でした。

野村投手は、直後の5回裏で代打を送られ無念の降板。5回を投げて3四球、球数も94球と多くなってしまい、被安打8で4失点(自責4)。特に1点を返してもらった直後の4回表を踏ん張れなかったのは残念でした。

以降の継投では、6回表に投げた九里亜蓮投手が1失点。九里投手は先頭から倉本選手、桑原選手を二者連続空振り三振に仕留めたものの、梶谷選手に四球で2死1塁。

続くロペス選手に打たれたライト前ヒットを、ライトバティスタ選手がファンブルしてしまい、1塁走者の梶谷選手が生還してしまいます。

鈴木誠也選手の代役としてシーズン終盤からライト起用が多くなったバティスタ選手ですが、短期決戦でのミスはやはり命取り。

お知らせ

\青春の挑戦者/
J SPORTSオンデマンドで高校野球をLIVE配信!
秋季近畿地区高等学校野球大会
秋季東京都高等学校野球大会

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ