前日の雨は止み、ようやく良いコンディションの中で行われたクライマックスシリーズ・ファイナルステージの第2戦。

第1戦をクライマックスシリーズ(以下、CS)史上初の5回降雨コールドで先勝したカープは、第2戦を勝てば日本シリーズへ王手を掛ける試合でした。

先発投手は、カープが野村祐輔投手、ベイスターズがドラ1ルーキー左腕、濱口遥大投手。カープ打線は、ここまで雜投手に負けなしでしたが、しっかりと腕を振って投げ込んでくる雜投手の荒れ球に苦しめられ、好機を作るも得点が伸びませんでした。

初回、好調の1番田中広輔選手がセンター前ヒットで出塁。2番菊池涼介選手は前日同様、しっかりと送って1死2塁。この菊池選手のバントは、短期決戦らしい手堅い攻め方でしたが、ヒットも狙った気迫の走塁でした。

続く、丸選手の打席で雜投手がワイルドピッチ。田中選手は労せず3塁へ。雜投手の立ち上がり序盤は、アップアップだったといえます。

丸選手のセカンドゴロでゴロゴーを狙った3塁の田中選手が飛び出し、三本間で長いランダウンプレーの末にアウト。この間、打った丸選手は3塁へ。

4番松山選手は初球、高城捕手の要求よりも高くなったストレートを引っ掛けてしまいセカンドゴロ。初球から積極的に打つ松山選手ですが、裏を欠かれてしまった格好で絶好の先制機を逸してしまいます。

2回にも、好機はありました。1死から新井選手が四球を選んで出塁。続く西川選手の打席で雜投手がまたワイルドピッチ。

さらには西川選手の進塁打で2死3塁としますが、會澤翼捕手が1−2からのアウトローを振ってしまい空振り三振。2度の好機もチグハグになり得点出来ません。

しかし、2点ビハインドの4回裏。この回の先頭、丸佳浩選手の叩きつけた打球が、クライマックスシリーズ初安打となるセカンドへの内野安打。

松山選手はレフトフライに倒れますが、ザビエル・バティスタ選手がレフト前ヒットで繋ぎます。新井選手は見逃し三振に倒れ1死1・2塁。ここで西川龍馬選手がストレートを打ってレフト前タイムリーヒット。

「チャンスだったので集中していきました。甘い球をしっかりスイング出来たので良かったです!」。

ファイナルステージで、安部選手の代役としてサードで出場している西川選手が、安部選手の覇気を受け継いで打った覇気あるタイムリーヒットでした。西川選手は、4点ビハインドの6回にも打点。

1死からバティスタ選手、そしてインサイドを巧く打った新井選手の連打で1死2・3塁の場面で、低めに食らいついたファーストゴロが執念となり、3塁のバティスタ選手が生還。この日、チームの全得点2打点を挙げて、ひとり気を吐きました。

ただ、この1点で3点差にしたものの、得点はここまで。得点した4回と6回で、さらなる追加点が欲しいところで會澤捕手が倒れてしまったのが悔やまれますが、會澤捕手のこと、第3戦でやり返してくれるはず。このままでは、すませない會澤翼のリベンジに期待したいです。

お知らせ

\青春の挑戦者/
J SPORTSオンデマンドで高校野球をLIVE配信!
秋季近畿地区高等学校野球大会
秋季東京都高等学校野球大会

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ