第2節は関西大学から40-21で勝利。京都産業大学は、第1節の摂南大学戦に続いて連勝を飾り、関西制覇に向けて順調に白星を重ねている。

前半20分にFL(フランカー)上田克希(3年・東海大仰星)が、今節からスタメンに復帰したLO(ロック)伊藤鐘平(2年・札幌山の手)のアシストを受けて先制トライ。

その2分後にはFB(フルバック)河野翼(4年・東海大仰星)が、トライを奪って追加点。28分に関西大学に7点を返されたが、ロスタイムに突き放し、21-7で試合を折り返す。

しかし、後半4分に関西大学にトライを決められ、20分まで両チーム1トライ差の攻防を繰り広げる。

対人の強さを見せた田畑

それでも、後半34分にNO8(ナンバーエイト)武田知大(3年・尾道)、37分にCTB(センター)田畑凌(3年・報徳学園)が、立て続けにトライを決め、40-21で勝利を収めた。

今回の試合では、初戦であがったセットプレーとディフェンスをどこまで修正できているかが一つの焦点となった。

ラインアウトは伊藤の出場、相手チームの分析を行ったことで抜群の安定感を誇った。相手ボールのラインアウトも奪うシーンも多くあった。

スクラムでも相手を圧倒するなど、セットプレーを中心に試合を優位に進めることができていた。大西健監督も「完璧でないながらも修正できた。今後の基礎になるかな」と評価した。

一方でディフェンスは満足するまで修正が出来ていない。トライの数こそ3本に抑えたが、サイドから突破を許すと、相手の流れを食い止めることができなかった。

また、ハンドリングミスからパス回しがスムーズにいかず、相手ディフェンスに詰められることもあった。ディフェンスとハンドリングが課題になった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグをLIVEを中心に全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ