「全日本スーパーフォーミュラ選手権」はいよいよ最終戦となる第7戦「JAF鈴鹿グランプリ」を迎えます。大混戦となった2017年の締めくくりは今年も勝者に3ポイントボーナス付きの2レース制。多くのドライバーが大逆転チャンピオンを狙ってくる面白いレースになるでしょう。J SPORTSでは10月21日(土)〜22日(日)に鈴鹿サーキット(三重県)で開催される最終戦を予選、決勝ともに現地から生中継します。

今大会の注目はやはり9月のF1マレーシアGPで「トロロッソ」からF1デビューを果たしたピエール・ガスリー(TEAM MUGEN/ホンダ)でしょう。F1アメリカGPと日程が重なることから欠場も噂されていましたが、アメリカGPではWECのポルシェをドライブするブレンドン・ハートレーの代役が決まり、ガスリーは「スーパーフォーミュラ」のチャンピオン争いに挑むことが正式に決定しました。

昨年、GP2(現F2)のチャンピオンを獲得し、彼をサポートするレッドブルと共に「スーパーフォーミュラ」に参戦してきたガスリー。シーズン序盤こそ慣れない日本のレースに苦戦するも、中盤からはいよいよ本領発揮の2連勝。ツインリンクもてぎの2スペック制タイヤのレース、事前のテスト無しに初めて走るオートポリスでのレースで優勝し、菅生での2位も含めて3戦連続表彰台を経て、トップから0.5ポイント差のランキング2位に浮上してきました。昨年のストフェル・バンドーン(現・マクラーレン)に続き、GP2チャンピオンが年間タイトル争いに絡むという展開になっています。

お知らせ

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ