WEC富士6時間レース

先日のWEC Fuji 6時間レースでTOYOTA GAZOO RACINGの優勝、1−2フィニッシュ、おめでとうございました。
2013年の同レースを思い起こさせるような雨、ウエットコンディションのレースでしたが、雨に加えて霧も視界を遮って、ドライバーには大変なレースでした。

しかし、この雨がTOYOTA陣営にはプラス方向に働いたようです。雨の量がある程度多い方がTOYOTAは速かった。レースの序盤で主導権を握って1−2体制を築き周回を重ねていたのです。度重なるセイフティカーの導入、そして赤旗中断。二回目の赤旗中断は残り1時間半。15時30分。6時間レースの75%を消化した時点でした。基本的なレースレギュレーションでは予定の75%をクリアーしていれば、その時点でレースが終わっても、レースは成立とされ、ポイントもフルに与えられます。

ピットか1コーナー方向を見ると濃い霧が周辺を覆っていて、レース続行するには危険な状態でした。競技運営団は、状況が良くなり再スタートができるか待っていました。
1時間が経過した16時30分にレースが20分後、つまり16時50分に再開されることがレースコントロールからの一報が通達されました。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ