WTCC

 いよいよ今シーズンも、10月28〜29日に、WTCC世界ツーリングカー選手権がツインリンクもてぎにやってくる。WTCCはこれまで2008年から岡山国際サーキット、2011年から鈴鹿サーキットで開催されてきたが、15年からはもてぎを舞台としている。

 なぜもてぎなのかと言えば、WTCCと言えば抜きつ抜かれつのスプリントバトルがまさに“売り”。ただ、ダウンフォースが必要な中速コースでは、1周のラップでの面白さはあるが、なかなかオーバーテイクが厳しくなってしまう。そこで、ブレーキングで勝負できるもてぎのようなコースがWTCCに向いているというわけだ。これは、シリーズのプロモーターが二輪のイベントも手がけており、それで培ったノウハウなのだという。

 そんなもてぎでのWTCCだが、昨年はシトロエンC-エリーゼWTCCを中心に、ホンダ・シビックWTCCが挑み勝利を目指す構図だったが、今季はホンダvsボルボS60ポールスターTC1との戦いに、シトロエンを使う有力なプライベーターたちが絡む、今季他のレースでも展開された光景を見ることになりそうだ。

 なかでも注目なのは、両陣営のエース格。ホンダはランキング首位(アルゼンチンラウンド終了時点)のティアゴ・モンテイロ、3位のノルベルト・ミケリスのふたり、そしてボルボはテッド・ビョークが選手権王座をかけて挑むことになる。特に、日本ラウンドの次にあるマカオが運の要素が多いため、もてぎ戦は残り3ラウンドのうちの重要な一戦になるはずだ。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ