インターナショナルブレイクで試合の空いたイングランド・プレミアリーグが再開。シーズン開幕からトップを走っていたマンチェスター・シティがストークをいきなり7−2で撃破した。その傍らで、チェルシーがクリスタルパレスに、アーセナルがワトフォードにそれぞれ1−2で敗れる波乱が起きた。昨季王者・チェルシーは8節終了時点で勝ち点13。首位・マンチェスターCに9差をつけられてしまい、早くも連覇に黄信号が灯った印象だ。

そんな中、今季頭からマンチェスターCとトップ争いを繰り広げていたマンチェスター・ユナイテッドは14日、敵地でリヴァプールと対戦。ビッグ6同士の直接対決ということで、非常に高い注目を集めた。リヴァプールのユルゲン・クロップ監督はエジプト代表を28年ぶりのワールドカップ出場へと導いたエースFWモハメド・サラー、今季リーグ2得点のフィリペ・コウチーニョらを攻撃の軸に据え、好調の相手に一矢報いようとした。

これに対し、マンチェスターUのジョゼ・モウリーニョ監督はGKダビド・デ・ヘア、DFクリス・スモーリング、フィル・ジョーンズら信頼感の高い守備陣に加え、1トップのロメロ・ルカク、2列目のアシュリー・ヤング、ヘンリク・ムヒタリアン、アントニー・マルシャルといった破壊力の高いアタッカー陣を並べた。今季のプレミア、UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)での戦いぶりを見る限りでは、マンチェスターUが圧倒的有利かと思われたこの試合。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ