シーホース三河がホームに大阪エヴェッサを迎え入れるB.LEAGUE第2節。中地区、西地区の王者を狙う両チームの序盤戦の行方を占う対戦となりそうだ。

開幕節、三河は初代王者である栃木ブレックスにアウェーで1勝1敗。22本のオフェンスリバウンドを奪われ、78対64で敗退した第1戦の反省を糧に、第2戦は#0橋本竜馬の気迫溢れるディフェンスを中心に高い集中力でゲームプランを遂行。85対70で勝ち星を挙げた。この試合、#0橋本が15得点、今シーズンも健在振りを見せつけた#32桜木ジェイアールの15得点のみならず、#6比江島慎と#14金丸晃輔で計36得点と両エースの得点が伸びた事も大きかった。新加入#3ダニエル・オルトンのリバウンドやブロック、また、従来の三河にはいなかったタイプの思い切りの良さは、早い展開のバスケットに取り組むチームの方向性にマッチしているように見て取れた。

お知らせ

関東大学バスケットボールリーグ
開幕節・最終節など注目試合をLIVE配信中心に24試合お届け!

10/28(土) 第17節 全5試合 LIVE配信
10/29(日) 第18節 全5試合 LIVE配信

»その他放送&配信情報はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ