秋色に染まった美しきロワール渓谷を舞台に、2017シーズン最後のクラシックが争われる。今年はその愛称通りに、俊足スプリンターに勝利の女神が微笑むだろうか。それとも歴史上幾度も繰り返されてきたように、シーズン末の長距離戦で、あっと驚くような逃げ切りが演出されるのか。

パリ南西のウール・エ・ロワール県の、この秋はブローに引かれるスタートラインに集結するのは、いずれも平地巧者たち。今年で111回目を迎えるスプリンターズクラシックには、全長234.5劼離魁璽江紊法⊇啾たちの脚を止めるような起伏はほとんど存在しない。

1936年に創出された、200卍兇離魁璽垢濃望綺嚢睚振兒速を争う「リボン・ジョーヌ」のタイトルは、過去12回の新記録樹立のうち、実に9回がパリ〜トゥール覇者に与えられている。しかも近年は5回連続で同大会が記録を塗り替えており、現時点では、2015年大会を制したマッテオ・トレンティンの優勝時速49.641劼史上最速に燦然と輝く。

お知らせ

☐ シーズンラストのクラシック「パリ〜トゥール」
生中継&J SPORTSオンデマンドLIVE配信!
»詳しくはこちら


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ