ボーンマス vs. レスター

実力は拮抗していると言っても差し支えはないだろう。昨シーズン、ボーンマスは勝ち点46の9位、レスターは44ポイントで12位に終わった。

両者は過去に、同時期に2部リーグに在籍した期間が4シーズンあるが、そこでの8対戦はボーンマスが3勝でレスターが5勝。その全てが1点差の勝負だった。

プレミアリーグではボーンマスが初めて同リーグに昇格した2015-16シーズン以降、これまでに4度対戦し、3試合が引き分け。残り1試合はボーンマスが1-0で勝利している。

今季はここまで開幕6試合を終えてボーンマスが1勝5敗で19位、レスターが1勝1分け4敗で17位。両者の勝ち点差は1ポイントとなっている(なお、1勝は共にホームのブライトン戦で収めたもの)。

昨季はトップ10フィニッシュを果たしたチェリーズと、一昨季は奇跡のリーグ制覇を果たしたフォクシーズの目標は「プレミアリーグ残留」ではない。当然、現在の順位は受け入れられるものではないが、互いに開幕からここまで厳しいカードが続いていた。

特にレスターは開幕6試合で昨季のトップ6と4度も対戦。そのすべてに敗れているが、クレイグ・シェイクスピア監督は「日程は初めから分かっていた」と冷静に受け止め、「次のボーンマス戦が真のビッグゲームだ」と、この試合の重要性を強調している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ