今週のプレミアムゴールは、プレミアリーグ第6節レスター対リヴァプールの前半アディショナルタイムに決まった、岡崎慎司のゴール!

フリーキックからヴァーディがヘディングシュートを見舞い、コーナーキックを得た場面だった。

クロスに対し、GKミニョレを含めて複数人がニアサイドに飛び出すが、誰もはじけず、そのままボールがファーサイドへ流れた。ここでDFジョー・ゴメスと競り合ったマグワイアが、ヘディング(?)で折り返す。

岡崎はこのボールにいち早く反応した。GKミニョレにユニフォームを引っ張られながらも、身体ごと投げ出し、足先で、つま先の先の先でボールを押し込んだ。

現地紙から岡崎が『ゴールマシン』と表現されたのは、言い得て妙だった。“泥臭い”とも形容したくなるゴールではあるが、今の岡崎は少しイメージが違う。もっと淡々とプレーし、粛々とゴールに向かい、表情が揺れないほどに研ぎ澄まされた集中力が感じられる。それが『マシン』と表現されるのは面白い。

リヴァプールに2点を先行される展開だったが、この岡崎の反撃弾がレスターに火を付け、後半は2−3にまで迫り、ヴァーディのPKが決まっていれば引き分けもあり得た。日本代表では出番が減った岡崎だが、レスター界隈では、評価がうなぎ登りだ。

ドイツ時代はクラブで活躍できない間に、日本代表でゴールを取り続けたが、最近は状況が反転している。なかなかクラブと代表、両方とはいかない。それもこれも岡崎が、“絶対的な”能力を持たない故だろう。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ