女王・奥原は、強かった。バドミントンの国際大会スーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は21日に各種目の2回戦を行い、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、2−0(21−18、21−8)でプサルラ・V・シンドゥ(インド)を破って準々決勝へ駒を進めた。世界選手権の決勝と同じカードが国内で実現して注目を浴びた一戦は、第1ゲームこそ互いに点を取り合う接戦となったが、第2ゲームは奥原が圧倒した。奥原は「ホームゲームで、ファンの雰囲気が力になった。ちょっと前に(世界選手権の決勝を)映像で見てもらった試合を、皆さんの前で、生で見ていただけることは、嬉しい。でも、また次に戦えばどうなるか分からない。次の対戦も楽しみ」と話し、試合の勝利、ホームゲームの歓声を受けたこと、ライバルとの通算成績を5勝4敗としたことといった多重の喜びを噛み締めた。

奥原希望(日本ユニシス)

奥原は、身長179センチのシンドゥが高い打点から鋭角に放つスマッシュやドロップに食らいつき、相手コートの後方へしっかりとシャトルを飛ばした。バックステップを強いて相手の攻撃力を半減させると、さらにコートの後方へ追いやり、同じ球を待とうとする相手の足が止まったところで、ネット前にシャトルを落として揺さぶりをかけた。リーチの長いシンドゥからノータッチを奪うことは困難だが、シンドゥがすくい上げる打球は、ことごとくネットにかかった。シンドゥは「自分が思うようなプレーができなかった。ネットの近くでのミスがとても多く、なぜかと思って焦って、ミスが続いてしまった。昨日の疲労ばかりが原因だとは思わない。ただ、何かうまくいかなかった」と本領を発揮できなかった展開を悔やんだ。

お知らせ

ダイハツヨネックスジャパンオープン2017

◆J SPORTSオンデマンド
「バドミントンパック」では
バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017を配信!

日本人選手出場試合を中心に1回戦から決勝まで生中継中心にお届けします!

■バドミントンパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ