フィクソ不在のピンチをチャンスに変えた町田

今シーズンからキャプテンを務める森岡薫

首位・名古屋オーシャンズを勝ち点5ポイント差で追い掛け、2位・府中アスレティックFCと勝ち点同率で3位に付けるペスカドーラ町田。彼らは今、直近の9試合で8勝1分とノリに乗っている。ただ、そんな絶好調のチームは10試合前に3連敗を喫して、ズルズルと後退してしまいかねない危機に直面していた。

「フィクソがいない」

今シーズンからキャプテンを務める森岡薫は、連敗の始まりとなった第5節のフウガドールすみだ戦後にそう嘆いた。日本代表を支える守備の要であり、町田にとっても不可欠なフィクソ・滝田学がシーズン前の負傷で長期離脱を余儀なくされ、もう一人のフィクソ・日根野谷建も負傷で戦列を離れてしまっていた。

そんな窮状で代役を担ったのが、本職のポジションではない森谷優太と森岡だった。特に、圧倒的な得点能力で“Fリーグ・ナンバーワン”の座に君臨し続ける森岡が前線で相手を“威圧”できないことは、大きな痛手だった。後方でパスをさばき、チームのバランスを見ながらプレーする実力は申し分ない。ただ森岡はやはり、ピヴォとしてプレーしてこそ、真価を発揮する。第6節は名古屋に0−8で惨敗し、第7節は湘南ベルマーレに1−5。昨シーズン、プレーオフファイナルでシュライカー大阪を苦しめたチームは、緊急事態を迎えていた。

お知らせ

◆フットサルFリーグ17/18 放送!

◆フットサルFリーグ17/18 放送!
J SPORTSでは6クラブ共同開催で行われる「J SPORTS シリーズ」など年間54試合を放送!


特集ページこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ