■リーグ王者が直面する“バランスの崩壊”

シュライカー大阪は、連覇できるのか──。

昨年リーグ制覇を果たしたシュライカー大阪

今シーズンの開幕前、Fリーグはそんな話題で盛り上がっていた。過去9年間にわたってどのチームも果たせなかった、名古屋オーシャンズを蹴落としてのリーグ制覇。木暮賢一郎監督が就任時から見据えていた“3年計画”の3年目に達成した彼らの悲願は、フットサルファンに大きな夢を見せた。

大阪にとっては、優勝が偶然ではないことを証明し、かつこの先に常勝軍団を築き上げていくためにも、今シーズンのリーグ連覇は、新たな目標となった。しかし、リーグ戦の半分となる16試合を消化した今、首位・名古屋から10ポイントも離されての5位に甘んじている。大阪はなぜ、苦戦しているのだろうか。

相井忍

名古屋の大型補強や他チームによる大阪包囲網など、その理由はいくつも考えられる。ただ最大の理由は、彼ら自身の中にある。それは、誤解を恐れずに言うならば、「バランスの崩壊」である。

「崩壊」と呼ぶのは、言い過ぎかもしれない。ただ、昨シーズンまで、すべてにおいて用意周到に臨んでリーグタイトルまでたどり着いた彼らにとっては、ほんの些細なズレが、致命的な亀裂を生む可能性をはらんでいた。ここで言う「バランス」とは、「戦力」と「モチベーション」という、2つの側面から考えることができる。

お知らせ

◆フットサルFリーグ17/18 放送!

◆フットサルFリーグ17/18 放送!
J SPORTSでは6クラブ共同開催で行われる「J SPORTS シリーズ」など年間54試合を放送!


特集ページこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ