あと4点、届かなかった。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は20日に各種目の1回戦を行い、女子シングルスの三谷美菜津(NTT東日本)は、1−2(21−12、15−21、17−21)で世界選手権銀メダルのプサルラ・V・シンドゥ(インド)に惜敗した。2週連続の対戦で、またも接戦に持ち込んだ。17日に閉幕したスーパーシリーズ第7戦、韓国オープンの準々決勝で対戦し、1−2(19−21、21−16、10−21)で敗れたばかりだった。三谷は「良い勝負をできても勝ち切れないのが、世界のトップとの差だと実感できた。次は勝てるように頑張りたい」と唇をかんだ。

勝ちたい理由は、先週の雪辱だけではなかった。今大会は、勝てば2回戦で世界女王の奥原希望(日本ユニシス)と対戦する組み合わせ。奥原とシンドゥが、昨夏のリオデジャネイロ五輪や今夏の世界選手権、そして韓国オープンの決勝で対戦しているため、「2回戦で奥原とシンドゥが対戦する可能性」が、この大会の見どころの一つになっていた。三谷は「良い意味で覆したいという気持ちで臨んだ」と割って入る気概で試合に臨んでいた。試合では、持ち前の粘り強さでラリーに持ち込めばポイントを奪ったが、179センチの長身を誇るシンドゥのリーチの長さには苦しんだ。「手足が長いので、普段よりもワンテンポ早く、厳しい球が返って来るし、相手より動かなければいけなくなる。分かっていたことだけど、途中で足が止まった。そういうところが、シンドゥ選手や、奥原、山口との差。シンドゥ選手は、普通なら崩れるところで崩れないし、高く返しているつもりでも相手にとっては低かったという場面もあった」と、粘り切れなかった試合を振り返った。

お知らせ

ダイハツヨネックスジャパンオープン2017

◆J SPORTSオンデマンド
「バドミントンパック」では
バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017を配信!

日本人選手出場試合を中心に1回戦から決勝まで生中継中心にお届けします!

■バドミントンパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ