世界女王の奥原希望(日本ユニシス)

バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」が19日に開幕し、上位シード選手の一部が記者会見で翌20日から始まる本戦に向けた意気込みを語った。8月の世界選手権で女子シングルスを初優勝した世界女王の奥原希望(日本ユニシス)は「ただ優勝したいというだけでなく、ホームゲームなので、日本のファンの方に私のプレーを見てもらいたいという気持ちが強い。少しでも長くコートに立っていられるように、一戦一戦、一球一球、私らしく全力でプレーしたい」と国内のファンに向けて存在をアピールした。スーパーシリーズは年間12大会が行われる最高峰のワールドツアー。奥原は2年前にこの大会でスーパーシリーズを初優勝し、昨年のリオデジャネイロ五輪での銅メダル獲得、今夏の世界選手権優勝と飛躍を遂げた。「当時は、五輪や世界選手権のことは想像できていなかったけど、今ここにいる自分のきっかけ作りになったのが、この大会」と思い入れを持つ大会で、2年ぶり2度目の優勝を狙う。 松友美佐紀とペアを組んで女子ダブルスに臨む高橋礼華(日本ユニシス)は「先週の韓国オープンでは、自分たちが思い描いているプレーができ、楽しく試合をできた。今大会は、一戦一戦楽しんで2人でプレーできたら良いと思っている」と泰然自若。

お知らせ

ダイハツヨネックスジャパンオープン2017

◆J SPORTSオンデマンド
「バドミントンパック」では
バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017を配信!

日本人選手出場試合を中心に1回戦から決勝まで生中継中心にお届けします!

■バドミントンパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ