世界3位の実力を、国内で示す。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズの第8戦「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017」が19日に東京体育館で開幕する。男子は、8月に世界選手権で銅メダルを獲得した園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)に注目だ。昨年のリオ五輪には出場できなかったが、東京五輪出場に向けてプレースタイルを改善。低空の高速ラリーで打ち勝つだけでなく、精度を高める意識を持って、粘り強いラリーから勝負所を制することもできるようになった。昨年の後半から、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界に名を広めている。昨年11月には、香港オープンでスーパーシリーズ初優勝。さらに12月には年間12大会を行うスーパーシリーズの通算成績上位者しか出場できないBWFスーパーシリーズ・ファイナルに初めて出場して準優勝。リオ五輪後の男子ダブルス界のトップ争いに名を挙げた。今年に入ってからも好調だ。6月にスーパーシリーズのオーストラリアオープンを制し、8月は世界選手権で銅メダルを獲得。大舞台でも安定したパフォーマンスを発揮できるようになってきた。今大会は、凱旋試合となる。リオ五輪で女子複が金、世界選手権でも女子単が金と女子の方が好成績を挙げていることは事実だが、今大会の初優勝を飾り、男子も世界のトップでメダルを争えるようになってきたことを日本のファンに再証明したいところだ。

お知らせ

ダイハツヨネックスジャパンオープン2017

◆J SPORTSオンデマンド
「バドミントンパック」では
バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017を配信!

日本人選手出場試合を中心に1回戦から決勝まで生中継中心にお届けします!

■バドミントンパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ