現地時間の9月11日、クリスタルパレスはフランク・デブール監督を解任した。開幕から4戦連続無得点だけに、オーナーのスティーブ・パリッシュ氏をはじめとする経営陣も辛抱できなかったのだろう。しかし、サム・アラダイス前監督が植えつけたダイレクトなスタイルを捨て、ポゼッションに伴うアタッキング・フットボールを展開するために、デブールを招聘したはずだ。監督就任から77日では答が出るはずがなく、後任は賞味期限切れのロイ・ホジソンとは……。まさに迷走人事である。

さて、エヴァートンのロナルド・クーマン監督は、同胞(オランダ人)デブールの悲劇をどのように感じているだろうか。「明日は我が身」と震えているかもしれない。

第4節終了時点で1勝1分2敗。1分はマンチェスター・シティ戦で、ふたつの敗北もチェルシー、トッテナム・ホットスパー戦なのだから、成績としては及第点とも考えられる。ただ、チーム全体の動きが悪く、試合終盤に足が止まる選手も数多く見受けられる。7月下旬のヨーロッパリーグ予備戦3回戦からプレーオフ、さらにプレミアリーグと、シーズン序盤に早くも8試合を消化したスケジュールも不振の一因だ。

また、シェイマス・コールマン、ラミロ・フネス・モリ、ヤニク・ボラシーといった主力が負傷のために長期の戦線離脱を強いられていることもマイナスで、マンチェスター・ユナイテッドに去ったロメル・ルカクの穴も大きすぎる。そしてなにより、新戦力の大半が環境の変化に適応できていないようだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ