平野美宇、2カ月ぶりのワールドツアー参戦。
日中の「黄金世代」がオーストリアで激突する!

平野美宇

出場できなかったリオ五輪以降、急成長を遂げた平野。その勢いそのまま後半戦に臨む。

日本卓球女子に目を向けると、8月に行われたワールドツアー2大会の女子シングルスで、ブルガリアオープンで石川佳純(全農)、チェコオープンで伊藤美誠(スターツSC)が優勝した日本女子。ふたりは両大会の決勝で対戦して1勝1敗だったが、過去の国際大会で石川に5戦全敗だった伊藤が初勝利を収めた。9月19日から行われるITTFワールドツアープラチナ・オーストリアオープンには伊藤は出場しないが、世界選手権3位の平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)が、7月のオーストラリアオープン以来となるワールドツアーの舞台に立つ。
J SPORTSではオーストリアオープンの模様を9月27日から放送する。

孫穎莎

中国の台頭する若手選手の1人、孫穎莎。2020年には間違いなく日本選手のライバルに。

平野が優勝を狙ううえで、最大の壁となるのはやはり中国。世界ランキング2位の陳夢を筆頭に、若手を主体として11名もの選手を送り込んできた。6月のジャパンオープンで優勝した17歳の孫穎莎、3位に入った18歳の王曼┐亙震遒汎雲ぢ紂また、9月上旬に中国・天津で行われた、4年に1回開催される全中国運動会でベスト4に躍進した王芸迪も20歳と若い。パワーとボールセンスを兼ね備えたこの3人は、いわば中国の「黄金世代」。日本選手との対戦は興味深い。

お知らせ

\卓球パック発売中!/
ITTF卓球ワールドツアー注目大会を配信中!


●卓球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ