総合成績の表彰

総合成績の表彰

最終日に似つかわしくないほどほど、ひどく緊迫したスプリントで、2017年ブエルタ・ア・エスパーニャの幕は閉じた。マッテオ・トレンティンが先頭で両手を天に突き上げ、その背後ではマイヨ・ロホが必死にフィニッシュラインへ向かってペダルを回した。イタリア人は区間4勝目をさらいとり、赤、白と並んで緑のポイント賞ジャージもクリス・フルームが持ち帰った。秋の匂いが漂い始めたマドリードで、アルベルト・コンタドールは、人生最後のレースを走り終えた。

フランスのニームから走り出したブエルタ一行が、スペインの首都へとたどり着いた。前夜のアングリルの山頂で総合争いはすべて終了していた。生まれて初めてのブエルタ制覇を成し遂げたクリス・フルームは、誇らしげにマイヨ・ロホをまとい、最後のステージをのんびりと楽しんだ。3週間に渡って働きづくしだった8人のアシストたちも、いつもの水色の代わりに赤いラインを入れたジャージに着替えて、この日ばかりはビールかけではしゃぐことを許された。

3週間前には198人だったプロトンは、過酷な山越えや熾烈な戦いを繰り返すうちに、158人にまで小さくなっていた。ただの1人も欠けることなく完走を果たしたチームは、スカイ以外に、カハルラル・セグロスエレヘアー、マンサナ・ポストボン、そしてキャノンデール・ドラパックプロサイクリングチームだけ。ちなみにスペイン一周中に存続の危機に襲われたアメリカチームだったが、嬉しいことに、前日に正式なスポンサーが発表された。ダヴィデ・ヴィレッラの山岳賞もすでに確定し、心からの笑顔で最終日を過ごすことが出来た。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ